香典返し

本来、香典はお返しするものではないとされています。

しかし仏式では49日(七七日忌)の忌明け後、ただし故人が亡くなってから49日(七七日忌)まで3ヶ月にわたる場合は35日に、品物にあいさつ状を添えて贈るのが一般的になっています。

神道やキリスト教では、原則的に香典返しをしないことになっています。
とはいえ最近では仏式での影響で香典返しをするのが一般的になりました。
香典返しは、神道は忌明け後の五十日祭に、キリスト教では1ヵ月後の召天記念日や記念式の日にします。

香典返しの額の目安は、いただいた香典の半額程度の品で「半返し」と言われます。
しかし「関東の半返し、関西の三分返し」と言われたり「全返し」という地域もありますので、それぞれ地域の慣習に従うのがいいと思います。

また告別式の当日に、一律の金額の品物、たとえばお茶、砂糖、タオルセット、石鹸などの実用的なものをお返しするケースも増えています。

一般に香典返しをするときにはあいさつ状を添えますが、文面は葬儀社やデパートの専門コーナーで依頼したり、既に印刷してある市販のものを利用したりします。

こういった弔辞の手紙は白無地の一枚の便箋と一重の封筒を用いるのが習わしです。

弔電だけをいただいた人には香典返しは不要で、お礼状を出します。

故人の遺志で香典を基金や福祉関係へ寄付する場合は、忌明けのあいさつ状に趣旨と寄付先を書き添えて送り、香典返しはしません。



この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。