葬儀の事前相談

葬儀というものは、身内が亡くならない限り普段は他人事のように感じますね。
弔問客として参列する時にはもう祭壇はきれいに飾られていますのでなおさらですね。

実際に葬儀を取り仕切らなくてはいけない喪主の立場になっても、葬儀社の方が親身になって動いて下さいますから、遺族は受身な立場になることが多いものです。

葬儀に参列した時、たまに後々のことを考えてでしょうが、葬儀社の方に「この葬儀はいくらぐらいなのか」と質問される弔問客を見かけたりします。
自分も、いずれ葬儀をする立場になるだろうから知っておきたいというお気持ちはわかりますが、葬儀の最中に、しかも他の弔問客もいらっしゃる前ではマナーに欠けているように思います。
マナーがどうのというよりも、むしろご遺族の気持ちを考えたら、悲しい気持ちになってしまいますね。

事前相談が悪いわけではなく、むしろ現在は葬儀について事前相談をする方が多いそうです。
葬儀会社はどこにするのか、どれくらいの規模で執り行うのか、返礼品の数や種類など、あらかじめ決めておけば、いざという時に安心です。
しかし、事前相談をするTPOは最低限守りたいものですね。



この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。