礼服について

葬儀に礼服を着ていくのはマナーとして良く知られています。

いざという時に慌てなくて済むように、一着は持っていたいものです。
しかし夏の暑い日の葬儀に冬用の礼服を着ていくわけにはいきません。
夏用の礼服は5月から9月頃まで、他の時期の葬儀は冬用の礼服で良いでしょう。
オールシーズン対応の素材であれば良いですが、現在は夏用・冬用の礼服を用意されている方も多いようです。

女性は、パンツスタイルでもマナーに反しませんが、スカートのほうが格が高いとされています。
しかし、肌を見せすぎたり、透ける素材やスリットが深く入ったものは避けたほうが良いでしょう。
またストッキングは黒色にするのを忘れないようにしましょう。

礼服は普段着る機会がありませんので、いざ葬儀で着ようとしたら体型に合わなくなっていたということもあるかもしれません。
1年に一度は、年齢にあった服装かどうか、そして袖を通して体型チェックをしてみましょう。

女性が身につけるアクセサリー類は、一連のパールが一般的です。
他に黒珊瑚やオニキスのネックレスも良いとされています。
蓮が長すぎるものは、華やかな印象を与えてしまいますので避けるようにします。
マナーとして、光沢がある素材のバッグや靴は使用しないようにしましょう。



この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。