社葬について

社葬とは、どのような葬儀かご存知でしょうか。

社葬とは、会社の社長や幹部、会社の発展に功労のあった方が亡くなった場合に、遺族と会社が一緒に葬儀を行うことです。
社葬は、遺族から依頼するものではなく、会社側から社葬の要望がきて初めて遺族の協議で受けるかどうかを決めるのです。

社葬になると、社員は必然的にお手伝いをしなくてはいけません。
特に受付係になったら、取引先関係者などが弔問に訪れることが多くなりますので、社員としてマナーある行動で対応するようにします。

受付での対応が会社のイメージを表すと言われているぐらいです。
言葉遣いや社員同士のおしゃべりなどには充分気をつけましょう。

社葬クラスの葬儀は、香典をお断りするケースが多いものです。
予め、香典辞退の旨を通達しているにも関わらず、それでも持参される弔問客は必ずいらっしゃいます。
その方がいくら故人と親しい仲であっても、絶対に受けとらないようにします。

また、社葬は一般の葬儀よりも、はるかに多い供花が並びます。
供花を並べる順番にもマナーがあり、祭壇に一番近い順から、最上位・上位の順になります。
後々の取り引きにも影響が出ることがないように、配列順位には特に注意しましょう。

社員が社葬に参列する時の焼香は、一般会葬者が済んでからの焼香がマナーですので、会場の末席で待つようにします。
また、取引先の知人に会っても話し込むようなことは避け、軽く黙礼するぐらいにしておくことも大切なマナーです。



この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。