葬儀の地域性

冠婚葬祭は、地域の特徴が色濃く出るものです。

葬儀に関して言えば、葬儀前に火葬を済ませてしまうところ、香典は葬儀が終わってから出すところなど地域によって様々です。

遠い土地へ弔問に訪れた時、その土地のしきたりやマナーは、分からなくて当然です。
親戚がいれば、分からない事は教えてもらえるでしょうが、知人の葬儀だったりすると、不安なまま弔問する事になります。
そのような場合は、周りの状況を見ながら判断すれば良いでしょう。

また、香典返しにも地域性が表れているようです。
香典返しには、即日返しと後返しの二通りに分かれているようです。
香典をお渡しして、その場でお返しを頂くことを即日返し、初七日法要を終えた頃にお返しが送られることを後返しといいます。

以前、参列した葬儀で、即日返しの葬儀がありました。
受付係をお手伝いしていましたので、香典を持ってこられた方にはお返しをお渡ししなければいけません。
通常、即日返しは香典の金額に関係なく、一つの香典に対して一律同じ品物をお返しします。

しかし即日返しがあまり広まっていない土地柄のせいか、香典を持参された方にお返しをお渡しすると、不思議そうな顔をされた方が大勢いらっしゃいました。
また、御夫婦で弔問される場合は、香典も一つですからお返しも一つですが「二人で来てるから二つちょうだい」などと言われた事もあります。
会葬御礼の品と勘違いされたのでしょうか。

葬儀に関する知識やマナーがないために、このような恥をかいてしまう事にならないためにも、ある程度の常識やマナーは、覚えておくと良いでしょう。



この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。