弔辞を頼まれたら

故人と親しい間柄であった時、葬儀での弔辞を頼まれることがあると思います。
その場合、マナーとして、依頼されたら余程の理由がない限り断らないようにします。

弔辞で何を言えば良いのか悩みますが、大事なのは、故人の長所を述べたり、功績を讃えるとともに自分との関係や思い出を入れることです。
自分の気持ちばかりが強調されないよう、バランスを考え、遺族に対する励ましや慰めの言葉も入っていると尚更良いと思います。
その時、繰り返す意味を持つ言葉は、決して入れないように気をつけましょう。

一般的にあまり長々と話すことは避け、2〜3分で終わらせられる内容にしておきましょう。

弔辞を書く紙は巻紙か奉書紙に薄めの墨で書くのがマナーと言われていますが、最近は時代の流れも手伝い、便箋で白い一重の封筒に入れたものでも良いようです。

表には「弔辞」または「弔詞」と書くようにします。
弔辞は、葬儀で故人へ語りかけるものですが、遺族が保管しておくものなので、持ち帰らずに封筒に戻して祭壇に正面を向けて置くようにします。

もう一つ、注意しなくてはいけない事は、弔辞はあくまでも遺族から依頼されるものであるということですから、自分から申し出ることはマナーとして慎んだほうが良いでしょう。
しかし、どうしても奉読したい場合は、葬儀の前日までに遺族に申し出るようにしましょう。



この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。