葬儀の時の服装

葬儀に参列する際は、喪服や礼服を着ていくのがマナーです。

しかし、一般的に通夜には礼服ではなく平服で参列しても良いとされています。
とはいっても、葬儀には参列せず通夜のみに参列する場合には、出来れば礼服を着て行くことが望ましいでしょう。

もちろん、突然の事で準備が出来ないようであれば平服でも構いません。
その際のマナーとして、派手なものは避けダーク系の落ち着いた服装にするようにします。
女性は、アクセサリー類を外すことを忘れないようにしましょう。

また、お子さんが参列する場合は、学生ならば学生服や制服で参列するのがベストです。
制服がないような小さいお子さんは、なるべく黒っぽい服装を着せて参列しましょう。

葬儀や通夜に参列できず、後日遺族の家を訪問する場合は、平服で構いませんが、派手な色は避け落ち着いたもので行くようにします。
その時、遺族の心境をおもんぱかって、あまり長居せずお悔やみを申し上げるようにしましょう。

葬儀に関するマナーは昔からのしきたりが多いので、分からないことは、身内や近所のお年寄りに聞くのも良いでしょう。
もしかしてその土地特有の決まりがあるかもしれません。
「郷にいっては郷に従え」と言いますが、その土地の習慣は大事にしたいものです。



この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。