ふくさについて

葬儀や通夜に香典を持って行く時、何に包んでいかれますか。

マナーとして香典は袱紗(ふくさ)に包むものとされています。
現在は、財布型のふくさもあり入れて出すだけなので難しくありませんね。

ふくさに香典を包む場合は、中央に置いた香典袋の右・下・上・左の順にふくさを折ります。
結婚式で祝儀袋を包む場合は、この逆で、左・上・下・右の順になります。

ふくさから香典を出す時のマナーですが、受付の方の目の前でふくさをあけて、香典を差し出すのが正しいとされています。
このとき香典袋の向きにも気をつけましょう。
自分の方へ向けていたり、裏返しになっていないようにします。
受付が無い場合は、遺族の方に直接手渡しても良いでしょう。

ふくさを持っていない場合は、受付の前へ進み出る前にあらかじめバッグから香典袋を出しておきましょう。
家に小風呂敷があれば、それを使っても良いとされていますので、剥き出しで持参するよりは格好がつくのではないでしょうか。

また、葬儀用のふくさの色は地味な色ならば問題ないとされています。
一番一般的なのが紫色のふくさです。
一見派手にも思えますが、この色のふくさが一枚あれば葬儀にも結婚式にも使えますので大変重宝します。
もしお持ちでないのならば、一枚常備しておき、数珠などと一緒に保管しておくと、いざというときに慌てなくても済みますね。



この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。