香典返し

本来、香典はお返しするものではないとされています。

しかし仏式では49日(七七日忌)の忌明け後、ただし故人が亡くなってから49日(七七日忌)まで3ヶ月にわたる場合は35日に、品物にあいさつ状を添えて贈るのが一般的になっています。

神道やキリスト教では、原則的に香典返しをしないことになっています。
とはいえ最近では仏式での影響で香典返しをするのが一般的になりました。
香典返しは、神道は忌明け後の五十日祭に、キリスト教では1ヵ月後の召天記念日や記念式の日にします。

香典返しの額の目安は、いただいた香典の半額程度の品で「半返し」と言われます。
しかし「関東の半返し、関西の三分返し」と言われたり「全返し」という地域もありますので、それぞれ地域の慣習に従うのがいいと思います。

また告別式の当日に、一律の金額の品物、たとえばお茶、砂糖、タオルセット、石鹸などの実用的なものをお返しするケースも増えています。

一般に香典返しをするときにはあいさつ状を添えますが、文面は葬儀社やデパートの専門コーナーで依頼したり、既に印刷してある市販のものを利用したりします。

こういった弔辞の手紙は白無地の一枚の便箋と一重の封筒を用いるのが習わしです。

弔電だけをいただいた人には香典返しは不要で、お礼状を出します。

故人の遺志で香典を基金や福祉関係へ寄付する場合は、忌明けのあいさつ状に趣旨と寄付先を書き添えて送り、香典返しはしません。


香典の相場

葬儀では、故人を弔う気持ちが一番大切で、香典の金額はその次ですが、近年では金額の相場はだいたい以下のようになっています。

会社の部下の葬式に出す香典の場合、五千円から一万円が相場です。この時、香典を出す人の役職や年齢により違いますが、50歳代以上、あるいは部長級以上の場合は一万円程度包んだ方が良いでしょう。
連名で出す場合には少し多い金額を出すことになります。

会社の同僚の場合は三千円から一万円程度で、それほど面識のない同僚でしたら五千円位です。
また連名で出す場合には決められた金額で良いでしょう。

会社の上司の場合は、だいたい五千円から一万円程度ですが、特別お世話になった上司には一万円包むと良いと思います。

友人の葬儀の場合は、五千円から一万円程度ですが、親密度や年齢によって金額を決めるので、特に相場はないようなものです。
しかし特に親しい友人であれば、三万円以上出しても構いません。

親戚の葬式では、一般に一万円から三万円です。
親戚を大切にする日本社会に於いては、生前にそれほどお付き合いのなかった親戚でも一万円以上は包んだ方が無難でしょう。

祖父母の葬式に出す香典の場合、一万円から三万円が相場ですが、香典を出す人の年齢が高い場合には三万円から五万円が適当でしょう。

兄弟の場合、三万円から五万円程度です。
他人ではなく身内ですので、三万円以上は包んだ方が良いでしょう。

両親の葬式に出す香典の金額の相場は五万円から十万円です。
子として最低でも五万円以上は包み両親を送りたいものです。

葬儀の事前相談

葬儀というものは、身内が亡くならない限り普段は他人事のように感じますね。
弔問客として参列する時にはもう祭壇はきれいに飾られていますのでなおさらですね。

実際に葬儀を取り仕切らなくてはいけない喪主の立場になっても、葬儀社の方が親身になって動いて下さいますから、遺族は受身な立場になることが多いものです。

葬儀に参列した時、たまに後々のことを考えてでしょうが、葬儀社の方に「この葬儀はいくらぐらいなのか」と質問される弔問客を見かけたりします。
自分も、いずれ葬儀をする立場になるだろうから知っておきたいというお気持ちはわかりますが、葬儀の最中に、しかも他の弔問客もいらっしゃる前ではマナーに欠けているように思います。
マナーがどうのというよりも、むしろご遺族の気持ちを考えたら、悲しい気持ちになってしまいますね。

事前相談が悪いわけではなく、むしろ現在は葬儀について事前相談をする方が多いそうです。
葬儀会社はどこにするのか、どれくらいの規模で執り行うのか、返礼品の数や種類など、あらかじめ決めておけば、いざという時に安心です。
しかし、事前相談をするTPOは最低限守りたいものですね。

通夜・葬儀での注意点

訃報の連絡が入った場合、故人が親しい方であったり、御近所の方であれば、すぐに駆けつけてお手伝い出来ることがないか尋ねましょう。
その時、マナーとしてエプロンなどを持っていくと良いでしょう。
人手が足りていればすぐに引き上げても失礼に当たりませんので、一旦帰宅し通夜と葬儀に参列するようにします。

通夜に参列すると、通夜振る舞いでのもてなしがあります。
現在では、折り詰の弁当やサンドイッチ、お寿司などの場合が多いのですが、一口でも口をつけることがマナーとされていますので、勧められたら断らないで、全部食べ切れなくても口をつけるようにします。

折り詰などは、持ち帰ることも出来ますから、葬儀社の方に尋ねてみても良いと思います。
地域によっては、お饅頭やお菓子で、もてなされるところもありますので、通夜の際に「御淋し見舞い」として饅頭や茶菓子を香典と一緒に持参しても良いと思います。
弔問客が多いと大変喜ばれるものです。

遺族が席を外している間に、故人と勝手に対面しようとしていた弔問客がいて、葬儀社のスタッフに止められていた光景を目にしたことがありますが、このようにデリカシーのない態度は、マナー違反の何ものでもありません。
故人と対面したい場合は、遺族から申し出を受けてから行いましょう。
通夜や葬儀では、常に遺族の気持ちを考えなて行動をとりましょう。

葬儀での常識的マナー

葬儀に参列する時のマナーは、細かいことまで言い出すとキリがありませんし、全てを完璧にスマートにこなせる方は、そんなにいるものではありません。
ですからたとえ完璧に出来なくても、それほど気にしなくても良いと思います。

葬儀は、宗教によって焼香の仕方も違いますし、お供え物の種類も違います。
弔問客としてのマナーで一番大切なことは、焼香の仕方うんぬんよりも、喪家側の気持ちを考えて行動することです。
友人や知人を見つけておしゃべりを始めたり、焼香後に遺族に長々と挨拶をされたりすることは、他の弔問客もいらっしゃいますから、控えるようにしましょう。

時折電話の着信音が聞こえる事がありますが、これはとても残念なことです。
携帯電話の電源を切るか、マナーモードにしておくことは常識です。
遺族にとって大事な方を亡くした悲しみは、到底 図りきれないものです。
自分だけならば大丈夫といった考え方はなくし、遺族の気持ちを優先させた大人の行動をとるようにしましょう。

また、小さいお子さんを連れて行くことは身内でない限り遠慮しましょう。
どうしても連れて行かなければならない場合は、葬儀がどういうものなのか、大勢の人が集まる場所でのマナーを教えて経験させることも良いかもしれません。

接待係・台所係について

世話役の中には、女性ならではのお世話係である台所係があります。

自宅で葬儀が行われる場合は、食事を作らなくてはいけない地域もあるそうです。
葬儀会社で行う場合は、お茶を出したりお弁当を用意したりします。
その内容から、町内会、特に隣近所の女性が依頼される事がほとんどです。

葬儀は、昔からのしきたりやマナーが根強く残っていることが多く、自宅葬儀でいただく「お味噌汁の味噌」とか「中に入れる具」など、地域によって全然違います。
良かれと思って用意した材料が、年配者の方に却下されたという話も聞いた事がありますので、初めてお手伝いをする時は、先輩方の意見は聞いたほうが無難かもしれません。

またお茶や食事をお出しするので、白いエプロンや割烹着など清潔感のある身なりでお手伝いしましょう。

接待係は、弔問客にお茶や茶菓子で接待する係です。
場合によっては、通夜ぶるまいと言ってお食事を勧められる事もありますが、この時弔問客は、勧められたらお断りをしないで、少しでもいいので頂くようにし、折を見て退出するようにします。
その際は、喪家に一言お悔やみを申し上げて退出しましょう。

接待係は、お茶出しをした後、片付けも責任を持って行うようにしましょう。

会計係について

葬儀の世話役で一番、神経を使う重要な係が会計係だと思います。

地域によってやり方は色々でしょうから、年配者の言われる通りに行うのがベストでしょう。。

弔問客に背を向けて行えればベストですが、ついたてなどがあればこれらを上手に利用し、なければ弔問客から見えないように受付の後ろで作業を行うのが基本的なマナーです。

弔問客から香典を預かったら、香典袋の中身と表記してある金額があっているかどうかを中身をチェックします。
香典袋に名前や金額を書くことは、弔問する上でのマナーですが、時折金額が表記されていなかったり、氏名が書き損じてあったりすることがあります。
こいったトラブルを防ぐためにも受付で書いてもらった名簿に連番をふり、その番号を香典袋の隅に表記しておくといいと思います。

喪家側から依頼がない限り、金額のチェックを行ったらお金は香典袋に戻し、葬儀後、喪家側が確認しやすいように香典袋は連番順にまとめておくと良いでしょう。
また、弔問客が多い時には会社関係、親族、友人などと分けておくと喜ばれます。

これらの作業は、葬儀の最中に行われます。
葬儀が済み次第、遺族に受け渡しをしますが、この時もトラブルを防ぐためにも人任せにしないで直接渡すのがマナーです。

妊婦の葬儀参列について

葬儀は、結婚式と違って予定をたてて行われるものではありませんので、時と場合によっては参列できない事情も出てきます。

この場合、仮に参列できなくてもマナーに反しているわけではありません。
特に妊婦の方は、葬儀に参列することが良いのか悩むことでしょう。

年配者には「妊婦は葬儀に出ないほうが良い」と言う方が多く、実際にもしも自分がその立場であれば、縁起が悪い気がして気が引けてしまうようです。

昔から「お腹の子をあの世に連れていかれる」などと言った言い伝えもあり、妊婦さんは葬儀に行かないのがマナーだと言われているようです。
しかしながら、亡くなった方が身内ならば、大事な子孫の魂を連れていってしまうことなんてしないはずです。

気にしないのが一番良いのですが、どうしても気になるのでしたら、鏡を向こう側に向けた状態で腹帯に忍ばせて行けば良いと言われています。
これも迷信ですが、実際に妊婦さんの多くはこのしきたりを守って、参列されているようです。

それでもご家族が反対しているのであれば、参列するのは辞退されて、とりあえず弔電を打ち、後日に自宅へお悔やみに伺ってもマナーに反することはありません。

葬儀は思っている以上に疲れやすいものですし、妊婦さんにとって良い状況とはいえません。
妊婦は葬儀に出てはいけないという話は、妊婦さんの体調を気遣ってできた迷信だとも言われています」。
極度な疲れやストレスは厳禁ですから、体調が優れないのならばご遠慮してはいかがでしょうか。

子供の葬儀

地域によってはお年寄りの葬儀で、お饅頭を配る風習があるそうです。
お年寄りの亡くなった年齢数のお饅頭を用意して弔問客に配るそうですが、そんな葬儀は、どことなくのんびりと温かい感じを受けますね。

しかし、子供の葬儀は本当に悲しいものです。
自分にも同じ年頃の子供がいる場合は、子供を連れて葬儀に行ったり、自分の子供の話題をすることは遺族の気持ちを考えれば、避けたいものですね。
子供の葬儀にいく場合は、いつも以上にマナーに気をつけたいものです。

ただし、子供の友人が亡くなった場合には連れていって最後のお別れをさせてあげましょう。
遺族、特に両親にとっては言葉をかけてもらうよりも、そっとしておいて欲しいというのが正直な気持ちだと思いますので、ありきたりの決まり文句は、遺族の悲しみが増すだけですので避けるようにしましょう。

葬儀に参列した時には、黙礼するのみにして後日、落ち着いてから連絡をとってはいかがでしょうか。

密葬家族葬との連絡が入ったら、参列は控えるのがマナーですので、お悔やみの電話などを入れて、喪家の意向を確認してみましょう。
可能であれば、後日にお参りに伺うのも良いと思います。
その際の服装は、礼服ではなく平服にします。
もしもお断りをされたら、マナーに反しますので行くことはやめましょう。

香典について

葬儀に参列する際、一番悩むのが香典でしょう。
いくら包んだら良いのか、香典袋の選び方や表書きはどう書いたら良いのかなど、いろいろなマナーがありますから間違えないようにしましょう。

通夜と葬儀の両方に出る場合は、葬儀の時に香典を持参するのがマナーです。
香典袋には、いろいろな種類があります。

仏式の場合は、黒白の結び切りの水引がついたものを用意します。
結び切りには、「二度と繰り返されない」という意味があり、結婚式にはこの赤白を持って行くことが常識とされています。
この時、表書きには『御香料』とします。

神式の場合は、黒黒の結び切りで『御神前』です。
仏式と共通のものとして使って良いのは、黒白の結び切りで表書きは『御霊前』と入れるようにします。

キリスト教式であれば、結び切りはつけずに『御花料』といれるようにします。

現在は、印刷されたものが多数売られています。
金額が低いならば、印刷されたものに入れるなど、金額相応の香典袋を用意するようにしましょう。

また、氏名を入れるペンは、薄墨の毛筆で書くようにします。
連名の場合は、目上、年齢の順に右側から書きます。
文房具売り場に行けば、薄墨の毛筆ペンが売られていますので、一本常備しておくと良いでしょう。

包む金額は、大体5,000円が平均とされています。
親族であれば、10,000円は入れるようにしましょう。
身内に至っては10万円とも言われますが、これについては親族で相談して決めてはいかがでしょうか。
また、以前に頂いたことがあるのならば、同等の金額を包むようにしても良いと思います。

葬儀に参列できない場合には、香典を郵送してもマナー違反にはなりませんので、お悔やみの手紙とともに現金書留で喪主宛に送るようにします。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。